プラスキッズみらいの特色

認可基準で設置・運営される
質の高い保育を提供できる保育園

現在の日本における子育て・育児環境は時代環境の変化により保護者に大きな負担がかかる状況となっています。少子化の影響、核家族化の進行、待機児童数の増加etc, 保護者様の大変さもさることながら、子ども達にとっても期待の大きい時代であり、
より多くの事を学ぶ必要のある大変な時代と言っていいでしょう。
このような中「保育園」にも変革が求められています。
保育園はお子様の命を預かる大きな責任をともなう仕事です。法令を尊守し、大切なお子様1人1人の日々の安全をしっかりと見守るのみならず、子供達1人1人に寄り添い質の高い保育を行うことが求められています。
プラスキッズみらい保育園では、保育士の配置基準をはじめ、子供たちが健やかに成長できるよう万全の保育環境を整えています。そのうえで「プラスキッズみらい」に預けて良かったとお声をかけていただけるように質の高い保育サービスを提供することをお約束いたします。

学びと感動を大切にする保育園

現在多くの方が保育園を選ぶのにあたり「どのような保育を行うのか」といった保育園ごとのコンセプトを重視されています。
私たち「プラスキッズみらい保育園」ではお子様に適切に教育的アプローチを取り入れた保育を行う事を特色としております。幼いうちは見る物・触れる物すべてが新鮮な感動に満ちています。当園では子供の年齢、月齢にあわせ「ふれあい」ながら「さまざまな物を見せ・学びと感動を共有」します。日本語だけではなく、海外のプリスクールやデイケアなどで実際に使用されている教材なども使い、英語に対する興味も引き出します。

よりよいマナー、徳育の教育

当園は「子どもは親とのみ育つのではなく、社会と共に育つもの」と考えています。
保育園は子供たちにとって「はじめて触れ合う社会の入り口」です。したがって「よりよいマナー」の教育に力を注ぎます。
正しい姿勢で座り、落ち着いて先生やお友達の話をしっかり聞くことができるように導きます。お外遊びの帰りには順番に並んで手を洗い、お食事の時間なども全員で「いただきます」をします。保育園でのあらゆる場面に教育のチャンスがあるのです。
また保育園の中で子供達は「お友達」や「せんせい」と多く接する中で「ありがとう」をたくさん経験するでしょう。「せんせい」も子供達に「ありがとう」をたくさんします。
「ありがとう」と人から感謝の心を向けられる事は自己肯定につながり、お友達の事も助けてあげられるようになるでしょう。このような経験の中で当園の子供達はより良いマナーや協調性を学んでゆきます。
このように当園では教育的アプローチを取り入れた質の高い保育を行ってまいります。
私たちの保育の取り組みに1人でも多くの皆様にご賛同いただきご協力いただければ幸いです。

PAGE TOP